薬舐太郎ブログ

興味を持ったことを自由に書いていくブログになります。 それでも、情報源明記・根拠等を大切にしたいと考えています。

薬剤師の給料は高いのか?(医療従事者給与比較)【厚生労働省統計調査】

f:id:dokoyaku:20181227210758j:plain

 最初に

 薬剤師の給与をイメージや、知り合いからの噂のみではなく、ある程度の根拠に基づき考察することが本記事の目的です。
本記事をお読みいただく前に、前記事を、お読み頂ければ幸いです。

dokoyaku.hatenadiary.com

※数字の見方
203.4千円→20万3,400円です。

※画像はクリックで拡大されます。

ご覧になっている皆様がどう感じるはわかりかねますが、
恥ずかしながら私にとってこの千円という表記は見慣れないため酷く見にくく感じられます。
そのため、一部のデータは見やすいように加工させて頂きます。
ただし、意図的な改ざんや、誤解を招くことがないようにここでは、どのように加工したかを全て明記します。
興味のない方は、読み飛ばして頂きますようお願い申し上げます。
また、ここで登場する金額は全て税金が引かれる前の金額であり、いわゆる手取りの金額ではございません。ご注意下さい。

 

基礎知識!

薬剤師の給与がどうかを考えるために、他がどうかを知る必要がございます。
簡単にではございますが、お話させて頂きます。

一般労働者の賃金
賃金の推移
賃金は、男女計304.3千円(年齢42.5歳、勤続12.1年)、男性335.5千円(年齢43.3歳、勤続13.5年)、女性246.1千円(年齢41.1歳、勤続9.4年)となっている。賃金を前年と比べると、男女計及び男性では0.1%増加、女性では0.6%増加となっている。”
(平成29年賃金構造基本統計調査 結果の概況より引用)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2017/index.html

ここで定義づけられている一般労働者は中卒、高卒、大卒、院卒も全て含まれており、正規・非正規も問われていません。
とにかく、一般労働者は月30万4300円が平均となるようです。

 

次に、男女別かつ、正社員(正職員)・正社員(正職員)以外で分けているグラフを引用致します。

f:id:dokoyaku:20181225211906p:plain


男性の正社員での月給与平均が43万7300円、女性の正社員での給与平均が30万5000円となっております。


薬剤師の給与が他の大学を卒業した場合と比較してどうなのかも検討する必要がございますので、以下の表をご紹介いたします。

学歴別にみた賃金
”学歴別に賃金をみると、男性では、大学・大学院卒が397.7千円(前年比0.5%減)、高専・短大卒が311.0千円(同1.5%増)、高校卒が290.7千円(同0.9%増)となっている。一方、女性では、大学・大学院卒が291.5千円(同1.0%増)、高専・短大卒が254.8千円(同0.3%減)、高校卒が210.9千円(同1.2%増)となっている。”

f:id:dokoyaku:20181225213340p:plain



第3表 学歴、性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び年齢階級間賃金格差より一部引用

 

f:id:dokoyaku:20181225211720p:plain

大学・院卒の初任給

初任給の定義
”通常の所定労働時間、日数を勤務した新規学卒者の6月分所定内給与額(所定内労働時間に対して支払われる賃金であって、基本給のほか諸手当が含まれているが、超過労働給与額は含まれていない。)から通勤手当を除いたものであり、新規学卒者数による加重平均である。調査年6月末現在で実際に雇用されている新規学卒者のうち、調査年度の初任給額が確定した者を対象としている。”
簡単に言うと、6カ月の月平均です。

 

男女計

大学院修士課程修了 238.7千円 (対前年増減率 2.3%)
大学卒 206.7千円 (    〃 0.3%)

平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給より引用
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/18/01.html

新卒の大学生月平均は、20万6700円です。

 

大学・大学院を卒業して大企業に就職した年収推移も厚生労働省から抽出し、作成しました。
通常の年収の推移などがこちらで確認出来ます。

f:id:dokoyaku:20181225212625p:plain

f:id:dokoyaku:20181225212835p:plain


いかがでしたでしょうか?
意外と思える数値はございましたでしょうか?
それではいよいよ薬剤師(他医療従事者)の給与を見ていきます。

薬剤師給与(医療従事者含む)

ここからのデータは以下政府統計より引用しております。
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450091&tstat=000001011429&cycle=0&tclass1=000001098975&tclass2=000001098977&tclass3=000001098985&second2=1
統計で見る日本e-Statは、日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイトです
https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK26021_W3A820C1000000

f:id:dokoyaku:20181225213852p:plain

f:id:dokoyaku:20181225213911p:plain

政府の統計は企業規模ごとになっております。

10人以上、1000人以上、100~999人、10~99人の4分類となっているため数字がたくさんあり見にくい状態になっておりますが、ご了承下さい。

上の表2つが私が手を加えていないそのままのデータです。

上の表から、従業員数を削除し、年収ベースで考える方が理解しやすいため「きまって支給する額」×12(カ月)+「年間賞与(いわゆるボーナス)」で求めます。

ついでに単位千円を円に変えました。

f:id:dokoyaku:20181225215629p:plain

f:id:dokoyaku:20181225215759p:plain

f:id:dokoyaku:20181225215937p:plain

f:id:dokoyaku:20181225220146p:plain

年収は残業代込み528-575万円前後であることがわかります。

平均年齢にも誤差があるため完全な企業規模での比較は難しいように見受けられますが、おおおよその給与は判断できます。

最後に年齢別も見たいと思います。

f:id:dokoyaku:20181225221124p:plain

f:id:dokoyaku:20181225221300p:plain

f:id:dokoyaku:20181225221538p:plain

f:id:dokoyaku:20181225221629p:plain